FC2ブログ

いしかわレッドデータブックに見る生物多様性の現状と課題 シンポジウム

シンポジウムが下記の通り行われます。
データから見る、いしかわの生物多様性について話し合われます。
皆様のご参加お待ちしています。
参加自由、無料で申し込み不要です。

第24回公開シンポジウム
いしかわレッドデータブックに見る
生物多様性の現状と課題

 
 開催趣旨
 このたび、約十年の期間をおいて「いしかわレッド・データブック」の<動物編>と<植物編>
が改訂されました。その結果、石川県の生物多様性の危機が一層深まっていることが明らかに
なりました。
 その調査結果が具体的にどのようなものであったかについて、担当者から報告をいただき、ど
のようにしてこの潮流に歯止めをかけて、生物多様性の保全を進めるかについて、話し合います。
生物多様性は、地域の重要な共有財産であり、また、地球的視野から見て未来へ送らなければ
ならない貴重な遺産です。皆様、ぜひご参加ください。

 基調講演「生物多様性保全における国立科学博物館の役割」
  講師 加藤雅啓氏 前国立科学博物館植物研究部長
                       /植物地理・分類学会会長

 <パネリスト>
 古池 博氏   石川県自然史センター理事長・石川県絶滅危惧植物調査会
 佐野 修氏   石川県立自然史資料館協力研究員・石川県淡水魚類研究会
 市原あかね氏金沢大学教授(人間社会研究学域=環境経済学)・石川県環境審議会委員
 西田恭子氏   石川県森林審議会委員・石川フォレスト サポーター会 
 
      
   司 会 三谷幹雄 石川県自然史センター専務理事

 ●日時:平成24年3月11日(日) 午後1時30分から4時頃
 ●会場:石川県立自然史資料館
      教育普及棟二階コミュニケーションホール
      金沢市銚子町リ441番地 バス「銚子口」下車徒歩約10分
 ●参加自由・入場無料
  お問合せ:電話 076-229-3403(石川県自然史センター) 
       
 
主催:特定非営利活動法人 石川県自然史センター
   〒920-1147 金沢市銚子町リ441番地(TEL076-229-3450 石川県立自然史資料館)
後援:石川県・金沢市
プロフィール

Mikio Mitani

Author:Mikio Mitani
Yamashina town
Kanazawa city
ネイチャープロジェクト白山
事務局。
白山ネイチャーガイド
090-7088-2331

最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード