FC2ブログ

4月29日の白山の状況

4月29日は天候に恵まれ白山を往復しました。
別当出合登山口までは通行止めで、市ノ瀬からの登山です。
積雪は全体として平年並と感じましたが、窪地や風下では相
当な積雪量です。室堂宿泊棟の屋根の軒下まで積雪です。
5月1日は白山の春山開き。7月1日が夏山開きです。
白山は現在、噴火警戒レベル1となっています。登山届も義
務化されています。ルールを守り安全に登山してください。

WEBでの登山届はこちらから

(別当出合登山口の積雪)
別当出合1
(中飯場の積雪)
中飯場1
(甚之助避難小屋の積雪)
甚之助避難小屋1
(弥陀ヶ原の積雪)
弥陀ヶ原1
(鳥居前の積雪)
鳥居1
(山頂からの展望)
別山2
(大汝峰の様子)
大汝峰1



本年度の自然体験プログラムがスタートしました

当会主催の自然体験プログラムがスタートしました。
皆様のご参加お待ちしています。
詳しくは、いしかわ自然学校HPをご参照ください。

180026-01_20180412201411604.jpg

◆5月5日(土祝日)春の大嵐山水芭蕉とブナ林散策
◆5月26日(土)新緑のブナ原生林を歩くー白山チブリ尾根ー 

金沢近郊の山「医王山」の様子

金沢近郊の「医王山」は人気の山で四季を通じて登山者が
訪れる山です。
今冬は積雪も多く、今だ山頂付近では3mほど積雪があり、
白兀山(しらはげやま標高896m)の山頂にある展望台も
積雪に覆われていました。
稜線には発達した雪庇も見られ、激しい風雪の爪痕が見ら
れます。
稜線からの展望も良く、白山や北アルプスも一望できます。
毎年春先にはこの山を訪れ、白山への思いを抱いています。

(白兀山の山頂、奥は金沢市街)
すらはげ雪庇1

(立山を望む)
立山1

当会恒例の研修会

当会恒例の研修会・新年会を行いました。
最初は、鴨池観察館で野鳥の観察。学芸員からは
野鳥の骨格標本から鳥の頭骨や足のつながり、羽
の構造などを勉強しました。恐竜にもみられる骨の
構造も知ることができました。
雪の科学館では雪の結晶の不思議を体感し、あら
ためてその奥深さを再確認できました。
これからの自然体験教室にも新しいヒントが生まれ
そうです。

観察館内

骨格勉強01

骨格勉強02

羽01

羽02

氷01




いしかわ版里山づくりISO認証

新しい1年がはじまりました。
当会では、昨年末に石川県知事より「いしかわ版里山づくりISO」の
認証をいただきました。
新年度からは白山麓での里山づくりに貢献いたします。
そこでの自然体験プログラムも計画し、皆様方のご賛同いただきな
がら進めてまいります。
本年も宜しくお願いいたします。
プロフィール

Mikio Mitani

Author:Mikio Mitani
Yamashina town
Kanazawa city
ネイチャープロジェクト白山
事務局。
白山ネイチャーガイド
090-7088-2331

最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード